こばやし農園
お米の保存の仕方

 ◆ お米は生き物
 お米は野菜と同じで生きています。そのお米をおいしいままお客様にお届する為に、こばやし農園では春先から玄米を13度前後で低温保管して品質を保っています。
 ただそのようにしてお届けしても、家庭での保存の仕方が間違っていたらおいしくなくなってしまいます。お米の質が低下しますと、粉をふいたようになります。酸化してしまうとこのようになります。

 ◆ お米の賞味期限
 季節によって精米したお米の賞味期間は違います。暖かくなるほど保存期間は短くなります。新米が出回る秋口から翌年の3月頃までは、2カ月でも大丈夫です。しかし春を迎えると保存期間は1カ月が目安となります。それから梅雨を迎え、また30度を超えると2週間ぐらいが目安となります。


 ◆ 保存容器について
 お米の袋には空気抜けの小さな穴が開いています。陳列したり箱の中に入れたりするのには都合がいいのですが保管には不向きで、袋の口を閉じていてもこの穴から湿気を含んだ新しい空気が中に入ってしまいます。冬期間ならまだいいのですが、高温多湿の梅雨時期には長期間の保存には適しておりません
 米袋からタッパーやプラスティック容器などの密封容器に移し替えるとお米の劣化を防ぐ事ができます。特に梅雨から夏期間の高温多湿時にはお米が酸化しやすいのでこれらの容器で保存する事をお勧めします。

  ◆ 保存場所について

 お米をよい状態に保つには、風通しがよく、涼しくて暗い場所が適していますです。ところが今の家庭の台所、この条件を満たすスペースが少ないのが実情です。
 台所では火を使い、水などを沸かしますので、ほかの部屋より高温多湿となります。また冷蔵庫などは放熱します。こういったことから、お米を保存するには適さない状態になっています。特に温水を使う流しの下の保存は注意してください。
 急な温度湿度の変化は虫の発生や劣化の原因になりますので、できれば家の中で一番涼しく、風通しが良い日の当たらない場所に置いてほしいのです。しかし毎日炊くお米なので台所以外におくと、ちょっと面倒ですね。なので、2キロぐらいを台所に置き、残りを納戸などにしまうといいと思います。床下に収納庫のある家庭では、ここを利用するのもよいでしょう。風通しはよくありませんが、温度はかなり低くなります。
 長期保存の時は冷蔵庫の野菜室にいれておくとお米の質は低下しません。もっともこれは冷蔵庫に余裕が無ければできませんが。